三日坊主を解消!目標達成の鍵は「イメージ力」と「RASの活用」

みなさんこんにちは!
スピード記憶トレーナー®の麓直樹です。
脳科学と心理学に基づいた脳力開発・学業サポートの専門家です。
麓屋のスピード記憶術講座では、イメージを利用した記憶の技法を教えています。

記憶の技法の修得というプロセスを通じて、本当に手に入れたいものは、脳の上手な使い方です。
上手に使うためには脳のマニュアルがあると便利です。そこで、記憶の技法の修得と同時に、脳の取扱い説明書をお渡ししています。

人生を前向きに進むパワーを発揮するのは、脳というエンジンです。
このエンジンの排気量を1000ccから6000ccの強力なエンジンにするために、脳の取扱い説明書を手に入れます。次に、記憶術というターボチャージャーを取り付けます。自分の人生の目標達成に到達する速度が圧倒的に速くなります。

本当にお伝えしたいもの、皆さんに身に着けて頂きたいものは、脳の使い方にひとつの「イメージ力」なのです。

何故なら、「イメージ力」こそが人生の夢を叶えるために必要な力であるからです。
2日間のスピード記憶術講座の究極の目的は、受講者のみなさんが自分の夢や目標を達成し、人生を楽しく生きることをサポートすることです。

夢や目標に向かって進む!挑んでみたけど「三日坊主」で終わってしまった。
という経験はありませんか?

人は何故「三日坊主」で終わるのか?
そこにも脳の仕組みがあるのです。今回はこの点についてお話したいと思います。

人間が「現状に甘んじてしまう」理由

認知心理学で言われている話なのですが「人は無意識のうちに、居心地がよく、緊張せず、自然にふるまえる状態」に納まっていたいのです。
この状態のことを「コンフォートゾーン」といいます。

脳神経細胞には本能があり、脳はこの本能に逆らった動きを嫌います。その本能とはたった3つ。

「生きたい」 ・ 「知りたい」 ・ 「仲間になりたい」   

この「生きたい」という本能は強力です。
当然といえば当然の本能ですが、脳にはこの本能により、生体を長く生き永らえさせるために、生体の安定的な状態を維持しようとするのです。

これをホメオスタシス(恒常性維持機能)といいます。

自分にとって居心地のいいコンフォートゾーンは生体の安定的な状態なので、ここに居座ろう!と無意識で圧倒的な力で居続けようとする。
それが脳の仕組みなのです。

脳が「現状のままでいいんじゃない?」「困難なことはやるべきでないよ」「新しい仕事は探さなくて、今のままでいいよ」と感じるのはホメオスタシスによる引き戻しで、脳の仕組みであるといっても過言でありません。

変化や成長を求めるのであれば、コンフォートゾーンからの脱却を図らなくてはなりません。
しかし、人はコンフォートゾーンを保とうとします。

ゴールの明確化が目標達成のエネルギー

人が変化や成長を求め、夢や目標を達成する方法とは!

人間の脳の仕組みにRAS(Reticular Activating System)というものがあります。脳幹網様体賦活系機能と呼ばれています。

このRASとは何か?

脳の情報フィルターのようなもので、簡単にいうと人は「意識したものの情報しか入ってこない」ということなのです。

RASは自分が関心のある必要な情報のみを脳に届けるフィルターなので、それ以外のものは遮断してしまいます。

心理学の本などには「カクテルパーティー理論」などが例えとして出ています。

このコロナの時期には人が集まってパーティーは難しいですが・・・100人のパーティー客がワイン片手にガヤガヤと色々な話をしているところを想像してください。
あなたはお客さんの一人として参加しています。
あなたは商社の社員で最近イタリアとの取引をしています。
あなたの後ろで、あなたの知らない人が「イタリアで・・・」と話していました。

大勢の会話のガヤガヤの中で、何故?「イタリアで・・・」と聞き取れたのでしょうか?

あなたが車を買いたいと思っています。
車種はワーゲンのビートルです。
2019年に生産中止になった絶版車です。どうしてもビートルに乗りたい!すると、街中に思った以上にビートルって走っているなぁと気付く!といったような経験はありませんか?

RASは関心がある必要な情報を脳に届けることをします。

みなさんは「引き寄せの法則」って聞いたことがありますか?
この引き寄せの法則もRASの機能を使っています。

「運が良い人」もRASの機能です。

そこで、夢や目標を達成したいときには、その夢や目標をRASに届けることが必要となります。

RASがしっかりと夢や目標を認識したら、その夢や目標の達成に必要なあらゆる情報をあなたに届けるようになるからです。

そこで大切になるのが、夢や目標をどう設定するか?夢や目標がしっかりとイメージされているか?です。

夢や目標を明確にしないと、脳はどこがゴールなのか判りません。
ゴールがどこだか判らないのであれば、たどり着くことは不可能です。

夢や目標・・・つまりゴールを明確化するために必要なものは、ゴールのイメージ化、映像化です。

未来の夢を達成したときの自分の姿をイメージ出来ますか?

そのイメージ・映像は鮮明に見えていますか?
ピントが合っていますか?

夢を達成したとき、あなたはどこにいますか?
何が見えていますか?
周りに誰がいますか?
周りの人は、何か言っていますか?
どんな音が聞こえていますか?
身体で感じるものは何かありますか?

室温は?
胸の鼓動は?
喜びの涙は?

未来の夢が達成したときの自分を、正確に、鮮明に、詳細にイメージしてください。

「イメージの力」を活用するために

先程、人はコンフォートゾーンに留まりたがるという話をしました。

ここから出ようとするとホメオスタシスという無意識の力によってコンフォートゾーンに引き戻されます。
この無意識にコンフォートソーンに引き戻そうとする圧倒的な力を、夢を叶えるために使う方法があります。

それは、未来の夢が現実に起こった状態にまでイメージ化できると、脳は混乱します。

今が現実なのか?未来が現実なのか?
イメージの力をあげて、未来の夢がすでに実現したかのような状態を作り出してください。
すると、未来の自分がコンフォートゾーンにいる自分だ!と脳が判断すると、創造的無意識のちからで、そのゴールに戻ろうとします。

要となるのは、未来のゴールをイメージする力です。

アスリートは、日本トップクラスのアスリートであれば、必ずイメージトレーニングをしています。

我われは日常で、自分の夢をかなえるためにイメージトレーニングをしていますか?
イメージの力は、想像以上に強大です。しかし、正確に、鮮明にイメージするためには練習が必要です。

イメージ記憶を鍛えると、このイメージ力が格段に向上するので、イメージ記憶のトレーニングは夢を叶えるトレーニングと密接であるということです。

自分の夢や目標を叶えるために、イメージ力を記憶の鍛錬を通じて鍛え上げましょう!

執筆者:株式会社麓屋代表 麓 直樹

スピード記憶トレーナー®国家資格を取得したい、語学を勉強している、受験を控える人向けに、脳科学を活用したスピード記憶術を伝え、脳力をフルに発揮させ、最短・最速で資格取得、学業成就をサポートする専門家。
コラム一覧